愛に燃える戦国の女

2016年11月14日7:00 公開


録画して視聴。

ええ、気になる自分的ターゲット戦国時代ですので、やっぱりチェックしないと、です。

豊臣家って聞くとね。(あー原作読みたいなっと)

役者さん達、皆超ベテラン陣ですね。観ていてとっても安心感大。

あとシナリオっていうかストーリーもすっごくしっかりしてますね。

残酷描写いっぱいありますが、でも考えてみれば直家さんだしな。(直家さんって確かそういう系のひとでしたよね、うむ)まだまだこの程度じゃ甘いのかもしれない。って実際のところは知りませんが。

でもちょい不思議演出ありますかねー。

直家さんとってもいい感じなんですが、何故初めての日に、わざわざ天守?から主人公のおふくさんをお姫様抱っこして降りていく必要あるのかな?

おふくさんの部屋でも良いのに一体何処へ??(まさか野外じゃないよねーちょっとやだよ)

何てこと思っていたら、秀吉さん迄お姫様抱っこで階段降りていった。。。

つまりは、このドラマでのセオリーというか、セレモニーだったのね。

ご病気の時に「宇喜多直家53歳」なんて言われてついつい、とあるアニメやらマンガやらを思い出してしまった私は……やっぱ脳みそ腐ってるっぽい。

それから山歩きの人たち、てっきり直家さん配下だと思っていたんだけどもそうじゃなかったのかな?(直家さんとこから逃げろっておふくさんに言うし)

あと「蝮」の形容。

うーんついつい私などは、斎藤道三を一番に思い浮かべてしまうけれども、こう、一般的な呼称だったんですかね?

毒がある人=蝮ってことで。

直家さん、戦には1回しか行ったことないとか、力ある人を一人殺っちゃえばOK☆と、現代的正論を述べてくれました。(ま、これテロにも通じちゃうから、全面的にプッシュという訳にはいきませんが)

目的をもって手段を正当化してはいかんのですよね。でも戦争は良くない。難しいよね。。。

このドラマでは秀吉さんは西田敏行さん。

ついつい徳川家系にラベリングしちゃいたくなる私ですがー確かに他にも秀吉さん役やってらしたような気がします。うん、プロフェッショナルですよね。

でも流石に信長さんはないのかな。信長さんは馬面イメージだもんね。

ヒロインの三田佳子さんは三田佳子さんでいい女かつ賢母って感じで。

官兵衛での秀家さん母とは全然違うなぁ。。。でもあれはあれで良かったけど♪

ま、とにかくどの役者さんも素敵ですよ。

でお話の方ですが。

基本はナレーションで進むものの、ところどころのシーンではベテランさん達が決めて下さってますね。

今ひとつ、直家弟さんの立ち位置が良く分からないけれども。どうやらおふくさんにラブな誠実タイプ(で損する)男児らしかったです。

山歩きの人たち&おふくさんだけいつまでも老けなくて若いのが不思議ではありますが、ま、仕方ないんでしょうね。

最終的な感想としては。

うーん、どうだろ。

おふくさん、男運無かったのかな?

いつまで経っても最初の旦那さんを理想化して息子にもその男性像を語り(さりげなくではあるものの)強要するって、つまりはそういうことですよね。

それが何とも哀しい。

直家さんも秀吉さんもそれなりにおふくさんのこと(政略絡みもありますが)大事にしてるんだけどねー。

おふくさんは、その「政略絡み」なところ、「嘘」な部分を見つけ出して、「やっぱりこのひとは違う」なんて思っちゃうんだろうなぁ。

最初の旦那だって生き延びて領主張っていたら、それなりに汚れちゃって「若竹のよう」ではいられなくなって、おふくさんもがっかりするってこともあったんだろうけど。

この旦那さん、生かしておいたのって……(でもって年取ってないのって)如何なる意味が。。。

なんだか秀吉さんに追い打ちかけてる感強くて可哀相ですよ。

(って結構このドラマでは、悪太閤部分出してくれてますけれど)

秀吉さんドラマ観てると、やっぱり人間って身の丈に合った仕事なり地位なりで暮らしていくのが一番幸せなんじゃないかなと思いますよね。

信長さんだとこれが、いけいけブイブイ、人生五十年!って思えるし、家康さんだと人間努力と堪忍が大事、って反省するんだけれども。

秀吉さんの場合は、身につまされる感が強い。

って、私天下人じゃないですが!



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
録画して視聴。ええ、気になる自分的ターゲット戦国時代ですので、やっぱりチェックしないと、です。豊臣家って聞くとね。(あー原作読みたいなっと)役者さん達、皆超ベテラン陣ですね。観ていてとっても安心感大。
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
テレビで放映されたので、録画して視聴。といいつつ。以前、ランチしていた時流れていたDVDを観たことがあったりします。(が、通しではなかった、かな)面白かったし、何より歌が良かったですね。本作より前に、
Read more
録画しつつ、そこそこ随時視聴。途中(お正月頃かな?)1回録画したのに視聴しない内に消してしまった回もあるものの、ほぼ真面目に観てました。最初は微妙に、女の子達が何だかなぁという感じでしたが、最後の方は
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more