トンイ6

2014年5月8日7:00 公開


え~こちらのドラマについて吼える(?)のもこれが最後でしょう。

とうとう最終回放映迄、視聴終了です!

な、長かったなぁ。。。

(途中、特別番組とかやってたりしてたものねぇ。BSプレミアム。。。)

うーん、それにしても最後迄、トンイ節&粛宗様節?なドラマでしたね。

何だろう。

多分、結構良い事言ってるんだろうけど……どうにも斜めに観ちゃいますよ。

絶対的に、主人公側に立てません!

……ムヨルちゃん、可哀想だったヨ。

だってねぇ。

ムヨルちゃんってぱ途中から登場なので、終盤はヒールトップだったのに、オープニングの登場人物紹介には一切擦りもナシ。

いや、ユン君、ヒジェちゃん、オクチョン様は好きだし、結構オクチョン母辺りや前王妃様も好きなので~御姿だけ見る事が出来るのは嬉しいですけれどね。

毎回毎回、占い師?のオッサンとソリさんが出て来るのはどうなのよ?<オープニング。

ホヤン君も頑張ってるのに出てないよね?(違ったかな。覚えてないや←酷い)

とにかく、トンイは相変わらず~大事な事や良い事言ってる気がするんだけど、自分勝手かつ好き勝手に振る舞ってるようにしか見えませんよ。。。

いみじくもプレ最終回で「王様に甘えて駄々捏ねてた」的な事反省してましたけど。

貴女が反省すべき&謝るべきは、Mっ子の粛宗様じゃなくて、その他周囲のスタッフの皆さん全員&敵の皆さん全員です!!

いやー本当にねぇ。

プレプレ(位だったような)最終回で、ソ・ヨンギ様が流れ星を見て「俺様、死亡フラグ立った~?!」的にビビリ入ってた際は、どうしようかと思いましたよ。

この人も振り回されてる人代表だものねぇ。

ま、流れ星は死亡フラグではなく、貴男の望みを叶えてあげる☆印だったというオチでしたけど。

(うん、良かった良かった~♪)

終盤、ムヨルちゃんとつるんでいた新しい王妃様、なかなかにツンツン系美人で、見所ある感じでしたが、プレ最終回位から、あっさりトンイに洗脳されちゃったし。

何だか、オクチョン様存命時はひたすら健気でおっとり可愛かった世子様は、終盤、泣いているばっかりという印象で。

特に、プレ最終回での、王様譲位に反対するゾの巻では。。。な、なんか情けないぞ~。

それで世継ぎと言えますか?!(とちょっと冷たく突き放したりしてv)

登場時あれだけ神童扱いされていたヨニングンはね、ま、ちっちゃいから仕方ないけど、これ又終盤駄々捏ねて勉強したくない系に見えちゃいました。

駄目だなぁ、私。

とにかくこのドラマだと、粛宗様、たぶんきっと「本当は善人で聖君なのよ~」にしたいんでしょうけれど。

ただ、単に性格キッツイ女にすぐ影響されて流される駄目駄目夫、但し、プッツン来ちゃうと逆転Sで楽しく拷問しちゃうよ♪という人にしか見えませんでした☆

又しても、トンイのセリフに勝手にかちんと来てた私ですが。

プレ最終回での、宮殿を出て行く決意を王様に告白する所で、王様が「全てを捧げさせる為に傍に置いた訳ではない」(って感じだったと思う)的事を言った返しで、トンイはさり気なく王様煽てる&良い子チャンな回答してるんですが、その返しのセリフで、「王様の御心が溢れているから、全てを捧げる事が出来るのです」って、結局自分は自分犠牲にしてるのよ~なんて言ってるんですよね。

これでもう、その前の言葉は台無しなんじゃないかと私などは思う訳ですが。

粛宗様はスルー。っていうか、只ひたすら愚図愚図トンイトンイと言っています。

正直、ホヤン君と全然変わらないですよね、この辺り。

ま、オ・テプン一家はとにかく何事もコメディタッチで大袈裟にデフォルメされちゃってますが、これ、実は、王家だろうが王様だろうが所詮こんなもんなんだよ、という隠喩なのでしょうか?

ま、オ・テプン一家、最後の登場迄賑やかに楽しそうに、また家族仲良く騒いでて良かったですが。

でもって、問題の最終回ですが。

……う~ん。。。微妙に消化不良。いや、きっと皆さんハッピーで良かった良かった状態なんだろうけど、所々中途半端な奇が。。。

良かったのはトンイ側のスタッフの皆さんが結構楽しそうに頑張ってた事かな。

(たぶん、トンイが王宮にいなくなって気が楽になったんじゃないかと勝手に推測)

そりゃ、(不正している両班の皆さんには気の毒だけど)あんなお騒がせな人は王宮にいたら困るものね。

権力者がバックについているから思う存分、不正を懲らしめる事が出来るし。

ある意味、水戸黄門御一行状態ですよ。

ちょい気の毒だったのが、途中は結構はっちゃけ系だった両班のスタッフ約一名(シム・ウンテクさん)が、割と常識人っぽくなって他の仲間達の暴走を心配する側に廻っていたこと。

うーん。。。ま、彼も朝廷で偉くなったって事なのかもしれないけれど。

あと最終回でもやっぱり出ましたね!トンイ節!

王妃様が「私のせいで出て行くのか?」と聞くところ。

お愛想でも嘘でもいいから「違います」とか「そんな事はありません」位言いなよ、大人なんだから、と思っちゃいましたよ、私は。

あれだと王妃様に罪悪感&負い目持たせて、ヨニングンを有利に~と企んでるようにしか私には見えません!

本当、何だかな~。

結局トンイが王宮出て行ったのって、口では賤民の為って言ってるけど、自分の為な気がする。

ま、確かに仲間を助けたいという気持ちもあるでしょうが、それ以上に、よっぽど監察府(だっけ?)の仕事が気に入ってたみたいだから、制約受けない&自分より身分高い人がいない王宮の外で思いっきり自分の好きなことをしたかっただけ、ではないかと。。。

あーなんか最後迄、ヒロインには突っ込み&文句?ばっかだった気がするわ~

ま、いいですけどね。

それにしても(たぶん)良い事言ってる&やってるんだけど、これだけ斜めに見てしまう&見たくなるヒロインって初めてでした。

いやはや。

問題のエンディングですが。

ヨニングンが即位したのって、史実では数え31歳な模様ですが。

ドラマだともっと若い感じに見えましたね♪

史実無視してドラマ最終回のラスト辺りから妄想致しますと。

トンイは王様とのデート途中で忍び込んだ人攫い?の邸で、無法者達に発見されて、殺害もしくは事故死、で英祖即位のエンディングに繋がる。。。なんて、考えちゃいました☆

ご、ごめんなさい~v

いや~だって鍛錬してた筈の王様が重いなんて文句言ってましたから、トンイも若い頃のようにすばしっこくなくなってるかもしれないし。

ま、曖昧に描かれている分、つい色々と楽しんじゃいますよ~

あと最終回で吃驚した&??となったのは。

トンイ、ホドチョン(捕盗庁?)で賤民の容疑者が拷問受けたのにメチャクチャいきりたってましたけど……王宮では日常茶飯事でしたよね?

ヒジェちゃんやムヨルの事、忘れた?(そりゃ、彼等は思いっきり黒かったけどさ。無罪だろうが有罪だろうが、自白を拷問に頼るって事自体、どうなのよねぇ)

ナ武官とおっちょこちょい武官(名前知らない。。。)のコンビがちらっと出て来たけれど。



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
え~こちらのドラマについて吼える(?)のもこれが最後でしょう。とうとう最終回放映迄、視聴終了です!な、長かったなぁ。。。(途中、特別番組とかやってたりしてたものねぇ。BSプレミアム。。。)うーん、それ
Read more
録画して視聴。ええ、気になる自分的ターゲット戦国時代ですので、やっぱりチェックしないと、です。豊臣家って聞くとね。(あー原作読みたいなっと)役者さん達、皆超ベテラン陣ですね。観ていてとっても安心感大。
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

[01] ボヘミアの醜聞(BSP再放送2021.08.11)「名前を言えないあのひと」の話(嘘)。アイリーンじゃないのねぇ。いきなりホームズ先生がヤバい。「コカインは7%の溶液がお勧めだよ」だそうです
Read more
ハイ、総集編でようやくまともに観ました!相変わらずです。たぶん色々省略されているとは思いますが、ダイジェストっつーか大まかな雰囲気とテーマ・話の大筋というかプロット掴むのには、総集編が一番!と考えてお
Read more
NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more