三銃士~韓国ドラマ

2016年12月12日7:00 公開


ずっと録画していたんだけれども、ようやく消化。

ついでにメモリー解放。

年末年始用にメモリー空けとかないとならんのです、ハイ。

全く予備知識なく、ザクッと全部観させて頂きましたよ。うん、面白かった、と思います。

でもねーちょっと惜しい感じも。

いや、途中迄は面白かったんですよね。でも最終回が……ってあんな終わり方なんだ、と思ったり。

たぶん、史実を視聴者の方は知っている前提で作られたドラマだから、なんだろうけど、ほら、私日本人だし!(いや、「花たちの戦い~宮廷残酷史〜」観たから理解はしているつもりだけれども、たぶん、かなり一方的っていうか偏ってる筈)

ま、新しい世子像なんだろうから、それはそれでOKなんだけど、そこを通して欲しかったっていうか。

でもま、後金(=清ですよね)に人質に取られる前だから、あそこで処刑って訳にはいかなかったのだろうけれど。

ストーリー的にはあそこで処刑の方が(作り手の私としては)スッキリしたかもねぇ。

途中迄主人公は、ダルタニアンならぬダルヒャンだと思っていたんだけれど、実際は世子でしたね☆

ダルヒャンはあくまでもナレーター的扱いでした!(って言い方もヒドイかな。でもそんな感じ。ちょっと可哀相)

もっと途中で出てきた清の女の子、絡ませてあげれば良かったのにと思うけど、でもまぁ、連載回数のことを考えれば、世子さんの三角関係描写だけで一杯一杯ですよね。

どうしても世子嬪のイメージは、「花たちの戦い~宮廷残酷史〜」が強かったんですれど、こちらの世嗣嬪は可愛いっていうか、あまりにフツーというか現代的なお嬢さん過ぎる気がしないでもないかな。

悪役ミレディ=ミリョンがとにかく強すぎましたね。

世子がアトスなのは最初不思議な感じもしたけれど、確かにちょっと昔の三銃士映画でもアトスってやっぱりミレディが絡んでいるから美味しい役回りでしたね、確か。

リシュリュー=キム・ジョジャム(だっけ?)なのは、途中から納得です。

原作三銃士でもそうだけれど、リシュリューって、完全悪役じゃないものね。っていうか、悪役全般そうか。

ドラマ中でもそんなこと、キム・ジョジャムも言ってたけど、ダルヒャンには華麗にスルーされてました。

ま、ダルタニアンってそうだから。

そういったタイプのダルタニアンが将来的には……っていう伏線部分を今回ドラマ設定でもやって欲しいとちらと思っちゃったけど、ま、無理よね。

確か、ソヒョン世子の子供って(少なくとも「花たちの戦い~宮廷残酷史〜」の中では)幼くして亡くなっていたから、鉄仮面設定使えないものねぇ。

うむ、残念です。

三銃士的世界では、アラミスがちょっと薄かったかな、という気もしますが、これまた連載回数のことを考えれば、って所でしょうか。

うーん、世子を、ソヒョン世子じゃなく、米櫃に入れられちゃった王子様(イ・サンパパ)にしてみても、話通りそうだけど、駄目かな。

あ、でもそれだと、ペク・ドンスが入っちゃうから、微妙になっちゃうのかな。

いっそ三国時代とも思うものの、三銃士の世界ってやっぱりおフランスのエスプリっつーか、文明的なんですよね、背負っている背景が。

そうすると、もっと前の時代に設定してしまうと、もはや「三銃士」(大体、銃が。。。)なんてタイトル使えないし。

ま、リスペクト&インスパイアってことで別タイトルにしても、今一歩になっちゃうかもしれないですね。

やっぱ有名どころなタイトル使うことで、制作側も士気上がるのかもだし。

なんてつまらないことばっかり書いちゃいました。

ドラマとしては、帰納パターンが殆どになっちゃったのが残念だったのと、ラストが微妙に放置プレイなところが??だったけど、世子&世子嬪カップルのラブラブシーンは楽しかったです♪

参考になりました!(って何の)



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
え~こちらのドラマについて吼える(?)のもこれが最後でしょう。とうとう最終回放映迄、視聴終了です!な、長かったなぁ。。。(途中、特別番組とかやってたりしてたものねぇ。BSプレミアム。。。)うーん、それ
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
過去記事です。*毎回楽しみにしてます♪未だにギャグなのかシリアスなのか悩ましいところですが~でも、人生ってそういうものですよね♪←え。草原のお姫様、敏敏ちゃん可愛いですよね~ジャクギでなくても幸せにな
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

[01] ボヘミアの醜聞(BSP再放送2021.08.11)「名前を言えないあのひと」の話(嘘)。アイリーンじゃないのねぇ。いきなりホームズ先生がヤバい。「コカインは7%の溶液がお勧めだよ」だそうです
Read more
ハイ、総集編でようやくまともに観ました!相変わらずです。たぶん色々省略されているとは思いますが、ダイジェストっつーか大まかな雰囲気とテーマ・話の大筋というかプロット掴むのには、総集編が一番!と考えてお
Read more
NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more