ハウルの動く城

2017年1月16日7:00 公開


週末、何となく~久しぶりに「ハウルの動く城」観ました。

うん、本当久しぶり。

ジブリ作品では、(自分の中では)ナウシカの次に好きな作品ですね。

もののけ姫も好きだけど、うーん、でも私的な原点はナウシカだなぁ。

って、今回はハウルでした。

改めて観てみると、ハウルってやっぱり萌えポイントが多いんですよねー。

(萌えが瞬間風速的に高められるようなシーンとか、台詞とか、ね)

乙女心を刺激されるっていうか。ええ、幾つになってもね!

ここら辺りはやっぱり、狙っての台詞なんだろうとは思うけど。(何てったってハウルの声はあのひとだしね。って名前を言ってはいけないあの人か??)

ただ今回(しつこく何回も繰り返して)観た結果、どうにもハウルがヒーローに見えなくなった、かも。

うーん、何と表現すれば良いのかちょっと迷いますが。

ハウルって、典型的なピーターパン・シンドロームの子、ですよねぇ?

それが、ソフィーと出会って、それまでは微妙に「規則に従うの嫌!戦争嫌!」だったのが、誰かを守るために頑張る!と変わっていく訳ですが。

ソフィー視点が多いせいか、どうもハウルの動機っつーか、考えっていうか、想いがあやふや。

どにもふわっとした印象なんです。

ソフィーのことは好きだし、マルクルのことは可愛いし、仲良く暮らしていきたいってのは分かるんですがね。

彼が男前かというと。

う、うーん、悩ましい。

私がこの映画で一番男前と思ったのは、やっぱりカブ!しかも、カブ状態のカブですよ、うん。あとはヒンかな?

サリマン先生も微妙に分からない。

この方は……実は結構色々な事に絶望している、というか諦めているのかもしれないかな、と今回思いました。(王様への応対とかね)

あと、サリマン先生は、病気なんじゃないのかな、という気がする。

不治の病(もしくは高齢の為?)で、余命幾ばくも無い状態だから、余計に自分が生きている内に、ちょいぼんくらっぽい王様やふわんふわんなハウル、幾つになってもゴーインマイウェイな荒れ地の魔女を何とかしないと!と考えた結果が映画でのどん詰まり状況だったのかもしれない。

ラストシーンで吹っ切れたというか、自分の力が及ぶ範囲外で全てが進むというか、納まってしまったのよね。

これで、もう戦争に意義を見いだせなくなったんじゃないかなぁ、サリマン先生も。

結局物事なるようにしかならない、というかたった一人の真剣な思いやら理想で世は動かない、というか。

シリアスな意思よりも、ソフィーの(かなりいい加減っつーか、支離滅裂な)誰かが大事だという衝動が勝っちゃうんですからねぇ。

それにしてもハウルとソフィーのカップルってどうなんだろう。

結構ハウルって難しいタイプな気がするんだけど、気のせいかなぁ。

ま、ソフィーがしっかりしてるから大丈夫だけど、今後もハウルはあっちへふらふらこっちへふらふらしそうですよ。

原作では荒れ地の魔女はしっかり最後迄悪役だったような気がするし、あとハウルの造形も違ってたっていうか、ファンタジーだけでなくSF風味もあるっていうか、ハウルは結構ロックな感じだったとか。

それからマルクルもあんなに可愛くなくて、確かソフィーの妹と、という設定だったような気がする。(既に記憶朧ですが)

設定とか世界観を準えているだけで、原作本とは違う話ですよね。

ソフィーの性格も違う気がするし。

でも原作有りでここまで自由に、かつ独自の世界と物語を紡ぎ出してしまう所は流石、世界のジブリだよなとつくづく感動です。

どうしても最後の、とにかく何が何でも頑張っちゃうカブのシーンで目頭熱くなっちゃいますよ。

(で呪いが解けた後の姿にガックリしちゃう。。。いや、いいんだけどね。あのタンポポちっくなコーディネートは。。。)

でも呪いが解けた後も一番世(というかソフィーの国とお隣の国の外交関係修復)に役立つのはカブなんだろうな。

ハウルは。

たぶん、駄目だと思います。(あ)

でも良いよね。家族を大切にするお父さんも、とっても尊いのです。



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
録画して視聴。ええ、気になる自分的ターゲット戦国時代ですので、やっぱりチェックしないと、です。豊臣家って聞くとね。(あー原作読みたいなっと)役者さん達、皆超ベテラン陣ですね。観ていてとっても安心感大。
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

ハイ、総集編でようやくまともに観ました!相変わらずです。たぶん色々省略されているとは思いますが、ダイジェストっつーか大まかな雰囲気とテーマ・話の大筋というかプロット掴むのには、総集編が一番!と考えてお
Read more
NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
テレビで放映されたので、録画して視聴。といいつつ。以前、ランチしていた時流れていたDVDを観たことがあったりします。(が、通しではなかった、かな)面白かったし、何より歌が良かったですね。本作より前に、
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more