レ・ミゼラブル

2017年1月30日7:00 公開


この映画も何故に今?という感じですが。

昨年BSプレミアムで放映されたのをようやく週末鑑賞した訳です。(遅過ぎ!でもそろそろ本当に空けていかないとHDD容量が~という)

うー。確か以前にもこの映画、流し観はした筈なんですが。

こ、こんなに歌ってたっけ?

というのが第一印象です。

主演のヒュー・ジャックマンって、なんか聞き覚えあるけど、誰だっけ?とこんな時頼りになるWikipedia様に頼ってみたらば、ウルヴァリンの人でしたね!

しかも、ヴァン・ヘルシングだったんだ~と改めて驚き。

それにしても欧米の俳優さんってみんな歌上手ですよねっ(って別に上から言ってる訳じゃないです。。。いや、本当)

ただ、この映画の場合、とにかくいきなり歌に突入しちゃうからちょっと参った。

「ファントム・オブ・ジ・オペラ」もそういう傾向あったけど、それでもあの映画はそれなりに、前準備あったよなと思ったりして。

理由はやっぱりWikipedia読んで納得。

この映画の原作はあくまでも「ミュージカル」であって小説の方ではない、と。うん、なるほど。

確かに舞台ならいきなり歌い出しても不自然じゃないものね!(え)

ということで、歌については取り敢えず脇に置いておくとして。

……えーと。主人公って確かジャン・バルジャンよね?ジャベールさんやファンティーヌあるいはエポニーヌじゃなく。

でも何だか、ジャン・バルジャンより、このお三方の方が目立ってるというか、印象に残るというか。

わざとなのかなと思うけれどもー。ジャン・バルジャンは気は優しくて力持ちという印象しか。。。(いや、歌は良かったけどね)

原作は確か子供の頃に子供向けの本を読んだきりなので、粗筋とか登場人物については非常に曖昧な記憶しかないですが。

うーん、ファンティーヌさんは結構、メインなキャラだったんだな、とか。

あとマリウス、ロミオ病?とか。

そんな新たな疑問を得た私です。

あと、一体あの学生達は何と戦ってるんだ?とか。

そういう訳で再度、Wikipediaを頼ると。

6月暴動、とありますね。七月王政に対する叛乱ということで良いのかな。うーん、この辺り、世界史で習った筈だけどややこしくて……これまたうろ覚えだわ。

ナポレオンの後の王政復古、ですよね?確か。(聞くなって感じか)

どうしてもフランス革命って「ベルサイユのばら」の印象強いですが、少女マンガですら泥沼に描かれているんですよね。

それが重厚な小説では重くてたまらないだろうし、現実は当然、真っ暗なモノだったろう、っていうのは態々想像してみなくても分かることで。

そうやって考えると、私は正直、ジャン・バルジャンより寧ろひたすら頑なに「正義」を貫こうとしたジャベールさんが気の毒になってきたりします。

といっても、結構この人も最初の方ではひどい奴だし、ファンティーヌとかに対しても容赦ないんだよね。

っつーか、一端「罪がある」と認識してしまうと絶対に考えを変えないし、一度貼ったレッテルは絶対に剥がさない、と。

うーん、貴方は特捜司法官ですか?

いや、いいけどさー。

あとジャベールさんで気になったのは、この方も何故か高いところに上ってお歌を歌って下さるんですが、その歌がね。

何と言いますか「ジャン・バルジャン激ラブ!ゲッチュー!」的に私には聞こえてしまうんですよね。ああ、私の腐った耳。とにかく燃えてるんだってことは良く伝わってくるんですが、ちょっと違うかな?ふふ。

あまりにファンティーヌさんの扱いがヒドイと感じたので、これまたWikipediaチェックしたんですが、これはほぼ原作通りっぽいですよね。

それにしても歯を売るって。

買う方は何に使うのかな。

と思ったらば、やっぱり入れ歯にするんだ。。

そりゃ、使い勝手は金属やら石やら木より良いんでしょうけど、他人の口の中にあったモノを、しかもこの時代衛生的にどうかってのは大いに疑問なのに自分の口に入れるってどうなんだろ。

綺麗汚い云々でなく、病気がうつりそうな気がするんだけど、そういう事例って無かったのかな?

それとも殺菌とか出来たんだろーか。と妙な事が気になってしまったり。

パリって行ったことないし、興味も実はあんまり無いんですが、ちょっと前には犬の糞が多いとか、言われてましたよね?(今は綺麗なんだろうか)

どうも私は自分が読んだ小説のイメージが強くて、パリっつーとポン・ヌフとか、あと狼に囲まれてピンチ!(ジェヴォーダンの獣的なv)とか、とにかく冬で、雪で、白いというよりグレーな感じで、何か怖いのよね。

って自分のイメージに問題があるのか。

でもこうしたホラー的イメージが出来上がったのに、子供の頃に読んだ「レ・ミゼラブル」もしっかり力を貸してるような気がします。

でもどちらかというと、デュマ先生の方が好きかも。

って、ここまで書いておいて、これかいっ(と自分突っ込み~)



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
え~こちらのドラマについて吼える(?)のもこれが最後でしょう。とうとう最終回放映迄、視聴終了です!な、長かったなぁ。。。(途中、特別番組とかやってたりしてたものねぇ。BSプレミアム。。。)うーん、それ
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
過去記事です。*毎回楽しみにしてます♪未だにギャグなのかシリアスなのか悩ましいところですが~でも、人生ってそういうものですよね♪←え。草原のお姫様、敏敏ちゃん可愛いですよね~ジャクギでなくても幸せにな
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

[01] ボヘミアの醜聞(BSP再放送2021.08.11)「名前を言えないあのひと」の話(嘘)。アイリーンじゃないのねぇ。いきなりホームズ先生がヤバい。「コカインは7%の溶液がお勧めだよ」だそうです
Read more
ハイ、総集編でようやくまともに観ました!相変わらずです。たぶん色々省略されているとは思いますが、ダイジェストっつーか大まかな雰囲気とテーマ・話の大筋というかプロット掴むのには、総集編が一番!と考えてお
Read more
NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more