葵 徳川三代

2019年11月6日7:00 公開


NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。

私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)

すっごくすっごく面白いんですよねー。

メタでもあるし、好きな名優さんがいっぱい出演してます、うん、凄い。

本当は秀忠さんは『独眼竜政宗』や『徳川家康』と同じキャスティングが良かったけど。

さすがにフンドシ(お尻?)ペチリとかのコミカルシーンは西田敏行さんのほうがうまいんだろーな、と思ってますし、その幅広い感が素敵でした♪

(弱気&ちょいむっつりスケベ的な若者から身内には優しいけど黒いことも平気でやっちゃう晩年迄)

初代家康、二代秀忠、三代家光と、まぁ家康は太閤死後だから短めだけど、徳川時代初期を包括的にバッチリ描いてくれた素晴らしいドラマです。

そのタイトルも、家康の信念、というより執念

「織田は一代限り、豊臣は二代、徳川は三代続かなくてはならない」

から来てるんでしょうね、うん、素敵v

このドラマ、初盤は家康中心なんですが(特に関ヶ原はねー)個人的に主人公はやはり二代目秀忠だと思います。

(いや、コンセプトは違うって分かってるんだけどね)

正直、三代目がねー。残念感溢れちゃってるのよね。。

でもこれも、定説(初代と三代目が偉い)と違ってて、良いかなと思ってたりして。

教科書で色々出てくる家光の功績って、実際は家光の功績じゃないっぽいしねぇ。

ただそれぞれの親子関係は……なんだか切なかったですねぇ。

あと淀殿、秀頼当たりも定型じゃないっていうか。

いや、台詞とかは定型かもだけど、淀殿もあの怖い(どうして八つ墓村の印象が拭えない。。。)女優さんがやっているにも関わらず、「ああ、このひと、本当に長女なんだなぁ」という妹達を守る!と強く決めてるお姉ちゃんなのよね。(怖いけど)

でもって、結構、振る舞いは大げさっていうか、芝居っぽいんだけど、状況判断はちゃんとしてるし、政治的な手も打ってたりするんだよね。その分、秀頼君がちょっと情けないっていうか、感情だけだけで動いているっぽいけど、それでもまぁ、育ちの良い、「お殿様」的に育てられたひとってのが出てきて。

……うーん、まぁ、そうよね。

豊臣家って、(葵

徳川三代の世界では)もう「公家」で摂関家の一つ。

秀頼はあくまでも関白になる予定の若様で、武家じゃないんだよね。

だからその教育とか、教え込まれた思想・指向も武家ではない。

政治はするかもしれないけど、戦をするひとではない、という考えが、当初、淀殿や豊臣家上層部にはあったのかなって印象。

それが徳川幕府が出来て、(家康さんはあくまでも外夷を払う的な宣言してましたが)政も、戦時体制だからって奪っちゃった(と感じた)訳で。

「政はこっちの仕事だ!」と思ったでしょうね。

でも実権(軍事力)握ってる側から見たら、ちゃんちゃら可笑しい訳で。

正直、関ヶ原から大坂の陣迄良く保ったよなぁと思いますが。

ここ迄豊臣側が我慢したのも、ある意味、良く頑張ったよね。

もっと早く喧嘩になっても可笑しくなかったけど、そこは周囲の人達(淀殿シンパの近江の人たちや、豊臣恩顧の大名達)が、秀頼が実質的に成人する迄は徳川(家康)に面倒ごとは任せて解決させようって考えがあったのかもしれない。

甘いかなって気もするけど、実際のところ、経験皆無な秀頼が年少時に旗頭となったとしても、すぐにポッキリ折られちゃっただろうし。(少なくとも家康が相手だとね)

そういう意味で、豊臣との攻防、秀忠の成長(っつーか、家康パパによるスパルタ)、公家や海外勢力(南蛮、紅毛)との鬩ぎ合いなど、色々詰め込まれていて、私は非常に勉強になりました。

知らないこといっぱいあったしねぇ。

ただお江さんが「鬼じゃ~義父上は鬼じゃ~っ」なんて言っちゃってたりするの、おいおい、とは思ったりしたけど。

でもまぁ、良い夫婦でしたね、うん。

家康さんも側室さん達とイチャイチャしてましたが、お江さんと秀忠さんの、「殿~~っっ」「ハイっっ」な関係も楽しかったです。

実際、尻に敷かれていたと自他共に認めていたっぽいけど、意外と秀忠さんは同じタイプな印象なのに、お江さんの姉のお初さんはあまり好きじゃなかったみたいだし。

(うん、ちょっとこれ不思議な感じがした。やっぱり愛vが無かったから?愛なく騒がれるのは嫌なんだろーな、きっと)

このドラマ、結構夫婦仲とか、親子仲とか兄弟仲とか良かったりするのも好きだったりします。

史料や逸話通りのエピソード出していても、実際は~というところがあって良い。

家光・忠長兄弟のアレは残念ですがね。。。

ま、あれは家光君の普段の行いの悪さのせいか?(いや忠長もアレか。。。)

時間があれば、また初回から観たいな~



メニューページ

メインコンテンツ

タグ別

公開日別

Popular Entries

これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
白雪姫モノってやっぱり好きなのかも。コメディ満載なのが良かったですよね。あと、お城とか綺麗。最初(悪の女王支配下の頃)は、モノクロっぽい世界な訳で、ラストの結婚式に色とりどりな感じになってるんですよね
Read more
まったく軽い気持ちで日曜TV鑑賞。だったんですが、良かったですよっっツボ入った!あー録画しておけば良かったです。。。(別のを録画枠に入れてたから)でもその内、BSプレミアムあたりでやってくれることを期
Read more
録画して視聴。ええ、気になる自分的ターゲット戦国時代ですので、やっぱりチェックしないと、です。豊臣家って聞くとね。(あー原作読みたいなっと)役者さん達、皆超ベテラン陣ですね。観ていてとっても安心感大。
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more

Recent Comments

衛星劇場での放送が最終回迎えたばかりなのに、今度はBSプレミアムで吹替で観れるなんて贅沢ですよね~♡ ワンユは私もあまり好きではない、とゆーかチュ・ジンモさんはサンファジョムのイメージが強くて…(^-^; 来週あたり登場するタルタル様をオススメします♪
Read more
わたしも基本幕末は苦手なんですが、八重の桜は全部見てしまったクチです。(^^ゞこれも偏に、西島秀俊さまとオダジョー見たさ所以…。あんちゃまとジョー亡き後も、玉鉄と前髪クネオ兄弟に反町が絡んできて、ある意味(?)見応えを感じてました(^m^)
Read more
ファン・ジニ、ドラマのハ・ジウォンちゃんも、映画のソン・へギョちゃんも、美しかったですね~~♪ このふたつの作品、同じ時期に制作されてます。ふたりのファン・ジニの衣装、ちょっこし被ってたりするんですよね。 で、興味深いことに、原作が同じということです!不思議っ!! あの時代、朝鮮には『奴婢随母法』というものがあって、良民を父として生まれても、賤民としての奴婢の母の身分を受け継ぐものとされてたらしいです。 映画では、産みの母は下女→妓生だから、「下女か妓生、よくて両班のめかけ」にしかなれないと言ってたのはその法律ゆえです。 (例外は王族だけ。だから、ドラマではタンシムの産んだ子供は王族になることができたわけですね~~☆) ところで、『蓮華のうてな』で。近習さんの「はい。仰せのままに。殿下」のセリフ。 「イェ~。(省略)。チョォナー」と 読んでしまった私は、完全なる韓ドラ中毒です♪ププッ・・・。
Read more

Information

緊急連絡は現在ありません。

Recent Update

ハイ、総集編でようやくまともに観ました!相変わらずです。たぶん色々省略されているとは思いますが、ダイジェストっつーか大まかな雰囲気とテーマ・話の大筋というかプロット掴むのには、総集編が一番!と考えてお
Read more
NHKプレミアムで再放送していたりもしますが。私は全話NASに持ってますよ。時々、観返したりしてます。(あ、でも最近観てない。ちょっと余裕ない。。。)すっごくすっごく面白いんですよねー。メタでもあるし
Read more
映画版もTV放映時に観た覚えはあるんですが。正直内容覚えて無くて、WikiPediaでおさらいしましたが、全然思い出せなかった。「彼女」は刑事ではなかった、ですよね。(あれは「僕の彼女を紹介します」だ
Read more
これも昔のドラマですね。残念ながら、初回からではないですが、かなり早い回から録画して視聴しました。うん、面白かったですよ!ドラマ自体としても良かったんですが、とにかくゲスト出演している方達が凄いですよ
Read more
テレビで放映されたので、録画して視聴。といいつつ。以前、ランチしていた時流れていたDVDを観たことがあったりします。(が、通しではなかった、かな)面白かったし、何より歌が良かったですね。本作より前に、
Read more

Preview

Information(Board)

サイト改装しました! といいつつ、表向きは全く変わらない(ように作った)筈です。 何かおかしいところがございましたら、ご連絡頂けると助かります。
Read more